アタックを打つ時、手のどこを意識してますか?

アタックがどうも安定しない方へ

フレスコボールをやっていて感じるのは、他のラケットスポーツ以上に

インパクト時の面の向きでほとんどが決まる

というところ。

そこで今回、ご紹介したいのはアタックを打つ時に意識しているポイント1つ目。

それは、、

自分の小指をディフェンス側のラケットへ送り出す意識。

正確に言うと、

ここ!!

もっと言うと、この部分が相手に見えるようにテイクバックします。

そうすることで自然とラケットの面が、ディフェンス側から見えるようになり、どのような面の入り方をしたか見ることで、アタックのボールがある程度どこに来るか予測することだってできます。

それに、手首を使わずテイクバックすることにもなります。

手首を使うとどうなるかと言うと、ラケットを振り遅れたら、ボールが相手の届かない右(左利きであれば左)へいってしまいます。

参考:手首を使ったテイクバック

参考:手首を使わないテイクバック

ということで、この意識をすることで得られる効果をまとめると

①勢いよくラケットを振りぬいても、ある程度コントロールができる

②ディフェンス側としても、準備がしやすい

③振り遅れによるミスがなくせる

です!

参考にしてみてください!