フレスコボールのバックハンドアタック解説

芝バックハンドアタック

日本フレスコボール協会のルールも今年から、バックハンドアタックが加点対象になりましたね!

この機会に、難易度の高いバックハンドアタックをみんなが打てるように解説をおこないたいと思います。

はじめに

フォアハンドアタックとバックハンドアタックの決定的な違いはなんでしょうか?

正解は1つではないと思います。

ここで一度考えてみてください。

どうでしょう?
あまり意識して考えたことはなかったのではないでしょうか?

仕事もスポーツも、頭を使って考えることが重要ですよね。

私が考えたのは

支点となる肩の位置が異なる

です。

どういうことかと言いますと

フォアハンドアタックでは利き手の肩が、ペアに向かって後ろ側にきます。

しかしバックハンドアタックは利き手の肩が、反対にペアに近い側にきますね。

ここからは右利きの前提で話を進めます。

左利きの方は

[右]を左に

[左]を右に

置き換えて読んでみてください。

そうなると具体的に気をつけなければいけないことが2つ出てきます。

それは

①肩をしっかり横に入れてテイクバックする

②体の開きを抑えながらフォロースルーする

です。

フォアハンドより肩の支点が前にくる分、身体の横向きをしっかり作らないとショットが安定しません。

正面を向いたままでのバックハンドアタックは打点が前になりすぎて、大抵軌道が斜め[右]に反れるのです。

理想のテイクバック

では具体的にどうやってテイクバックするのか

それは

ペアの返球に余裕がある:[右]足を前に出して横向きをつくる

ペアの返球にあまり余裕がない:[左]足を後ろに引いて横向きをつくる

ペアの返球に全く余裕がない:上半身だけしっかりと捻り横向きをつくる

です。

こうすることでペアに対して、打点が前になりすぎることを徹底的に抑えます。

またここでも、腕で振りかぶりすぎないようにすることが大切です。

フォアハンドアタックでも解説しましたが、ラケットの面が相手に見えるようにテイクバックしましょう。
(手首はロックです)

せっかく[右]に反れないようにしても、振り遅れて今度は[左]に反れてしまっては意味ないですからね。

どちらも意識することで、ボールがまっすぐペアのもとへ飛んでいくようになります。

理想のフォロースルー

あとはインパクト後のフォロースルーにも気をつけたいところです。

アタックとしてカウントしてもらえるようなバックハンドアタックを打つには、ある程度ダイナミックな動きを魅せたいですよね。

ですがリスクを取って落球だけ増えてしまわないように、ここでも気をつけないといけないことがあります。

それは

アタックでもディフェンスでも必要な基礎意識は

でお伝えした

打点に視線を残す

です。

フォアハンドアタックよりさらに強く、バックハンドアタックは意識しなければいけません。

ボールを追いかけるように身体の横向きが戻ってしまうと、これもまた[右]に外れてしまいます。

こちらでもロジャー・フェデラーのバックハンド動画を載せておきます。

しっかり打ったところを気持ち長く見つめるようにします。そして体の回転を我慢して抑えましょう!

そして、[右]腕を押し出すと同時に[左]腕も引いていきます。

胸を張り、肩甲骨を寄せていくようなイメージです。

ブラジル大会の動画でバックハンドアタックを見てみる

ではおさらいとして以下の動画を見てみてください。

2:33あたりから30秒ほど、私がフォアとバックを交互でアタックを打ち始めます。

そこまでスキップして、上半身と下半身に分けて2回見てみると良いかもしれません!

大会まで残り約1ヶ月!

できることをやっていきましょう!