フレスコボールのバックハンドアタック解説《長田ver》

前回のクリニックに続いて、今回もフレスコボールのバックハンドアタックの解説となります。

今回も長田選手にも説明いただきます。

やっぱり同じようなことを意識していることが分かりましたね。

なお前回の芝verの解説はこちら

フレスコボールのバックハンドアタック解説

バックハンドアタックは肩の意識が大切

こんにちは!フレスコボール日本代表選手の長田です!

今回は、本年度からルールに追加された「バックハンド」について考えていこうと思います。

このバックハンドアタックは、フォアハンドでのアタックとは全く異なる技術。
なので、練習していない人にとっては苦戦するポイントです。

私個人の感覚ではありますが、バックハンドアタックをする際、大事になってくるのが「肩」

ここが守れていると、それなりにコントロールすることが可能だと思うので本記事を参考にしてみてくださいね。

なお私の場合は、片手のバックアタックになりますので、両手を使ったアタックとは大事なポイントが違っています。

その点をご了承いただき、読んでいただければ幸いです。

バックハンドアタックの流れを見てみよう

まずは、バックハンドアタックとはどういうものなのか?イメージを作るために、一連の流れを見ていきましょう。

基本的には、フォアハンドでのアタックと流れは同様。

  1. テイクバック
  2. ボールにヒット
  3. フォロースルー

テイクバック

フレスコボールバックハンドアタックテイクバック

いくつかバックハンドアタックならではの注意すべきポイントがあります。

テイクバックでは、フォアアタックより大きめに引くことが求められるかなと思います。

フォアハンドほど、簡単に力を伝えることが難しいため、後ろの力を利用していく方がしっかりとしたアタックを打つことができます。

インパクト位置

フレスコボールバックハンドアタックインパクト

ボールに当てる位置は、比較的前になると思います。

一番力が入る位置が、私の場合このあたり。
人によっては、もう少し後ろになる方もいらっしゃるかもしれませんが、後ろにすればするほどパワーが必要になってくるので、自分が一番楽に打てる位置を探すといいかもしれません。

フォロースルー

フレスコボールバックハンドアタックフォロースルー

フォロースルーにおいて一番気をつけないといけないことは、体が開かないこと。
これが開いちゃうと、ボールをまっすぐに飛ばすことはとても困難になってきます。

特にポイントとなる、フォロースルー。体を開かないようにしていくために、意識を向けるべきはどこなのでしょうか?

意識すべきは「肩」

私が常に意識を向けているのは「肩」です。

肩がどれだけ“入っている”か?

を考えながら、バックハンドアタックを打つことを意識しています。

この“肩が入る”というのは、相手の方向に肩を向けられているか?

ということです。こちらの画像では、体が横を向いていて、しっかりと肩が入っていることがわかります。

フレスコボールの正しい方の位置

逆に、こちらの画像は、体が開いてしまい、肩が全く入っていません。

フレスコボールの誤った肩の位置

このような打ち方になってしまうと、ボールを外側に引っ張ってしまう恐れがあり、続けてコントロールすることがかなり難しくなります。

こうならないためにも、自分の肩が入ってるのか?はしっかり意識していくことをオススメします。

フォアハンドでは、そこまで意識することのないポイントなので、少しオーバー気味に肩を入れてしまうぐらいで、ちょうどいいかもしれません。

またもう1つやってはいけない例として、フォロースルーでラケットを下げすぎてしまうケースがあります。

誤ったフォロースルー

これだと、まっすぐボールを押せておらず、ボールに力が伝わりません。

パフォーマンスとしても効果が低く、アタックとして捉えてもらえない可能性も高いです。

応用編

バックハンドアタックをやっていく際に、多くの方が難しく感じることに「高めのボール」があります。
無理に打つ必要もありませんが、打つ技術を習得すれば、打つこと自体は難しくありません。

ここでも大事になるのは「肩」です。

イメージとしては、通常の打点で打つ時より、さらに肩を入れていきます。
背中を相手に見せちゃうぐらいのイメージです。

高い位置のバックハンドアタック

個人的な感覚ですが、上のボールほど肩を入れて、低いボールほどある程度肩を入れなくても大丈夫。

高さに応じて、肩をコントロールする。その意識があれば、ほとんどのボールをバックハンドでもアタックできるようになると思います。

最後に

今年の大会で、勝敗の分かれ目になりそうな「バックハンドアタック」

大会まで、残りわずかな時間ではありますが、練習すれば確実できるようになると思いますので、取り組んでいきましょう。

それでは!