ポケットwifiとWiMAX

 

「ポケットwifiを契約したけれど、通信速度が急に遅くなった・・・」
「無制限だと聞いたけど、WiMAXを使ってたら速度制限がかかった・・・」
「もうwifi選びで後悔したくないからオススメを知りたい・・・」

 

あなたは自分に合ったポケットwifiを選べる自信がありますか?
複雑な料金プランに比較が面倒になって

「有名そうなwifiにしちゃえ!」

とついつい適当にwifiを選んで後悔した経験はありませんか?

 

私は、学生時代に某IT企業でインターネット回線の電話営業をしていました。
そこでなんと業界の闇を見てしまったのです。

セールストークや見せかけの情報に騙されないようにしよう....!

 

ですが数年後、結婚したらまさか自分の妻が騙されていました。
交際する前に契約していたポケットwifiがとんでもない契約内容だったのです・・・
そして泣く泣く、高額の違約金で解約した経験があります。

ちなみにインターネット回線業者ってかなり儲かると知っていましたか?
広告や家電の割引、高額なキャッシュバックなど、あの手この手で契約を催促するのはそういった理由もあります。
キャンペーンに惹かれてつい契約してしまい、失敗した人は今後もいなくならないのでは。。

ただそうはいっても、wifiって実際に使用してみないと、使い勝手や評判って分からないですよね。

というわけでここでは

無制限のポケットwifiを選ぶための最低限の知識
実際にいろいろ使用してみたおすすめの無制限wifi

をお伝えします。

後悔しないために最後まで目を通してくださいね。

おすすめの無制限wifi比較情報を先に知りたい

先に各種、無制限wifiの推しが知りたいという方に簡単な比較表を載せておきます。

おすすめのwifi推しポイント
Mugen WiFi契約自動更新なしで安心
よくばりWiFi料金面、通信速度ともにNo1
どんなときもWiFi認知度No1、運営会社も老舗企業
NOZOMI WiFi違約金なしでかつ無制限のwifi
SPACE Wi-Fi違約金なし、安心カスタマーサポート
縛りなしwifi違約金なし、破格の料金を実現
こちらを念頭に読み進めてもらえるといいと思います。
また、そのまま目次をタップすることで、気になる項目をすぐに確認いただけます。

まずは把握したい「ポケットwifi」と「WiMAX」の無制限とは

世の中の無制限と言われているwifiの多くは、たしかに通信制限はなく無制限です。

ですが真実は、混雑回避のための速度制御が原則あります。
速度制御がかかると、インターネットにはつながるものの正直かなり遅くなり使い物になりません。
失敗しないためには、その速度制限がかかるまでの容量を正確に把握しなければいけません。

「ポケットwifi」の速度制限

ポケットwifi端末601Hwa

そもそもですが「ポケットwifi」はソフトバンクグループのワイモバイルが提供するサービスです。
なので基本的に通信エリアはソフトバンクに準じます。

実際にワイモバイルの公式サイトで速度制御について見てみると

通信品質およびネットワーク利用の公平性確保のために、ご利用料金プランの月間データ量に対する通信速度制限とは別途、通信速度の制御を実施する場合があります。

※前日までの3日間のご利用通信量が、8,389万パケット(約10GB)以上

とあります。
つまりいわゆる3日で10ギガ制限というものです。

また、別事業者がソフトバンク回線を卸してもらってwifiサービスを提供しています。
私が一番愛用している「SPACE Wi-Fi」の例ですと

Softbank端末:1日3GBを超える大量通信が発生した場合、当日の一部時間帯のみ速度が制限されます。

このように1日3ギガという制限が多いです。

また有名な「NEXT mobile」では

月に20GB、30GB、50GBを超えた場合、当月末まで通信速度が低速になります。
ネットワーク混雑時の通信制限等は現状ございませんが、今後制限をかけさせていただく可能性もございます。
予めご了承ください。

料金プランごとに月間で203050ギガと制限があります。

とにもかくにも、スピードを維持したままでの無制限は存在しないことが分かりますね。

「WiMAX」の速度制限

WiMAX端末W04

対してこちらの「WiMAX」はauを運営するKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供するサービスです。
なので基本的に通信エリアはKDDIに準じます。

実際にUQモバイルの公式サイトで速度制限について見てみると

より多くのお客さまにWiMAX 2+を快適にご利用いただくために、短期間に多くのデータ通信をご利用の場合、ネットワークの混雑回避のため通信速度を制限させていただきます。
※直近3日間で10GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)

やはり3日で10ギガということで「ポケットwifi」と同じなんですね。

またWiMAXに関しても、別の事業者(プロバイダ)がUQ回線を卸してもらってサービスを提供しています。
いずれも全て、3日間で10ギガ制御となっています。

  • Broad WiMAX
  • カシモWiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX

など、どこと契約しても速度制限に関しては変わりません。

最近登場している無制限wifi

これまで何度も無制限のポケットwifiが出ています。
そしてその都度、キャリアからの規制で月間100ギガ程度で制限がかかってしまうということが現状でした。

ですが、2019年よりついに完全無制限のwifiが続々と登場しています。

最初に登場したのは「どんなときもwifi」。
トリプルキャリア(DoCoMo、au、ソフトバンク)をまたぐことで、その場で一番早い通信回線へ接続してくれます。

もちろん速度制御は必ずあります。その条件は

不正利用・ネットワーク占有レベルの大容量通信をされた場合のみ、制限がかかる場合があります。
国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合のみ、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。上記のような利用でなければ制限をかけることはございません。
例えば、「長時間ゲームをする・動画を見続ける」といったご利用では制限がかかることはございません。

 

です。
違法や悪質な使用方法でない限り、制限がかかることはまずなさそうです。

 

つぎに、おすすめのポケットwifiを紹介する前に、選び方のポイントをお伝えします。

《注意点》これでもう失敗しない!無制限wifiの選び方

wifi選びで失敗するNGケース4

まずは後悔しないために、よくあるNGなケースを4つをご紹介します。

逆に言いますとこの4つのケースに気をつければ、wifi選びで失敗する可能性は激減できます

①比較せずに家電量販店で契約してしまう

私の妻がまさにこのパターンで失敗しました。ちなみにワイモバイルです。

昔、モバイルルーターが必要になって、とりあえず家電量販店に行ってみたそうです。
せめて、家電の割引とかのキャンペーンをもらっていればよかったんです。
が特になにもなく、勧められるがままにとりあえず買ってしまっていたんですね。

端末が壊れて解約しようとしたところ、修理も高額、端末代も分割で買っていたようでかなり痛い目にあってしまいました・・・

②キャッシュバックの存在を忘れてしまう

これもあるあるなNGパターンです。

実はキャッシュバックはすぐに受け取れることはほとんどありません。
だいたい契約してから1年が過ぎたころです。
しかも、独自のメールアドレスが付与されて、そこに案内が届くことが多いです。

結局、忘れたころにはキャッシュバックを受け取れず困った状況になることが多々あります。

実は、私の父はキャッシュバックの存在さえ忘れていました・・・

③「月間通信料」で失敗するケース

このケースが、この記事にたどり着いた皆さまで一番多いのではないでしょうか?

無制限と聞いていたけど、実際には速度制御がかかり

「使い物にならない!仕事にならない!」

こんなパターンは多いのではないでしょうか。
泣く泣く、wifiがあるカフェを探して歩きまわって・・・

もしくはアマゾンプライムビデオを見たくてwifiを買ったのに、速度が遅くて

「映画どころじゃない!動いては止まってを繰り返してる!」

とか・・・

④「利用期間」で失敗するケース

高額の違約金に驚いて、結局高い料金を払い続けている・・・

そんな失敗も良く聞きます。

大抵の「ポケットwifi」や「WiMAX」は、キャッシュバックや最初の数ヶ月無料、などのキャンペーンがあります。
また「月額最安級」という言葉をちらつかせて、安く見せかけています。

実際にはどうなるかというと、

「3年間契約になっていて安いのは2年間だけだった!」
「自動更新になっていて、解約しようとしても違約金が高い!」

という事態にたいていの人が陥り、そして後悔します。

これで失敗しない!wifiの利用頻度と利用期間を把握

前提として気をつけて欲しいのは3つだけ。

  1. wifiは店頭で申し込まない
  2. キャッシュバック狙いでは申し込まない
  3. 料金表が複雑なものは申し込まない

です。

そのうえで、2つの視点で自分に合ったwifiを選びましょう。

1つ目の視点|インターネット「利用頻度・目的」で選ぶ

まずはwifiの利用頻度と目的を正しく把握しましょう。

だいたいは3パターンに分かれるかなと思います。

①スマホ代を安くしたい、インターネットはほとんどスマホ

この場合はいわゆるな無制限で十分です。完全無制限は必要ありません。

 

②いつもパソコンで仕事をする、大抵の作業はテキストベースとたまに動画視聴

この場合は1日3ギガのwifiではなく3日10ギガのWiMAXを選んでおいたほうが懸命です。

 リモートワーク勤務する私の体験談情報
テレビ会議はだいたい90分で2ギガくらい消費します。
1日ごとの制限だと、その日もう仕事ができなくなります。
3日で10ギガあれば、そこまで会議が多くなければ調整できますね。

③家でも動画をたくさん見る、Youtuberとして動画をアップロードする

この場合は完全無制限を選ぶべきです。動画のアップロードを何回もするとすぐに制限にかかります。

 フレスコボール動画をアップする私の体験談情報
12分くらいの動画をYoutubeに2つアップしたところ3ギガくらい消費しました。
動画を研究したり、自分でもアップロードする人は「制限ありのwifi」だと仕事にならないと思います。

2つ目の視点|インターネット「利用期間」で選ぶ

完全無制限のwifiがどうしても必要かどうか、が上の3パターンで分かったかと思います。

A:完全無制限がどうしても必要という場合は、必ず2年間使用する覚悟が必要です。

これから紹介する完全無制限wifi4選を参考にしてみてください。

B:完全無制限が絶対に必要でないのであれば、違約金がかからないレンタルwifiを選ぶと安心です

これから紹介する実質無制限wifi2選を参考にしてみてください

 

通信制限別:実際に使用したオススメのwifi6選

それでは「完全無制限のwifi」と従来の「実質無制限のwifi」の順にオススメのwifiを紹介します。

まずは完全無制限wifiのオススメ4選です。

実際に4種類の完全無制限のwifiを利用してみました。
全てのwifiの料金と通信速度も徹底比較してありますのでそちらも必ず確認してください。

Mugen WiFi

契約自動更新なしで安心!
  • 月額利用料は、安心のずっと3,280円
  •  利用端末はU2s
  • 2年間使用すればそれ以降は、契約解除料がタダ
  • 30日おためし全額返金保証アリ
2年間使用すれば、その後はいつ解約しても解除料が無料です。
(※他の無制限wifiは2年間の自動更新です
忘れていたうちに、契約更新月が過ぎてしまった!なんてことがありませんので
慎重派の方には「Mugen WiFi」がオススメ

 

よくばりWiFi

料金面、通信速度ともにNo1!
  • 月額利用料は、安心のずっと3,450円
  • 利用端末はU2s
  • 実際に測った通信速度はNo1
  • 最大2ヶ月無料キャンペーン中
最大2ヶ月無料キャンペーンにより、価格は最も安い無制限wifiとなっています。
さらに、NTTグループカードに新規入会できるなら6,000円のキャッシュバックチャンス。
とにかく安く、無制限がいい!
という方には、よくばりWiFiがオススメ

 

どんなときもWiFi

どんなときもwifi
認知度No1、運営会社も老舗のオールコネクト
  • 月額利用料は、3,480円(25ヶ月目以降3,980円)
  • 利用端末はD1
  • 大手企業(株式会社オールコネクト)運営の安心感
  • 完全無制限wifiのパイオニア
テレビCMでも話題になっており、カスタマーサポートも充実している印象があります。
ただし利用者が多く、通信回線の混雑が心配される口コミもアリ。
とはいえ、どのエリアにも対応できるスペックと、大手企業運営の安心感なら「どんなときもWiFi」

 

NOZOMI WiFi

違約金なしで無制限のwifi
  • 月額利用料は、4,480円
  • 利用端末はU2
  • 契約期間の縛りが一切なし
  • 1日10GBで制限のため実質月間300GB

契約期間の縛りがないため、違約金も当然ありません。
違約金なしで大容量のwifiでは一番のオススメ。
2年必ず使用しなければいけない煩わしさから解放されたいなら「NOZOMI WiFI」一択

 

 

つぎに実質無制限wifiのオススメ2選です。

個人的には本当に完全無制限を必要としている人は少ないのではと思っています。
その場合は契約期間の縛りがない(つまり違約金がない)wifiを選ぶことが、一番失敗しない方法です。

今の所オススメできるwifiは2つです。

SPACE Wi-Fi

民泊事業者運営で安心カスタマーサポート
  • 初期費用無料
  • 月額利用料は、3,680円
  • 端末はWiMAXかソフトバンク
  • 解約時の違約金が一切なし
  • 民泊事業者のスペースエージェント運営
なんといっても魅力は一切の初期費用なしで、月額3,680円(税抜)で利用できます。
民泊向けとして登場しましたが、個人利用も可能。
カスタマーサポートも安心できますので、私の一番のオススメです。

 

縛りなしwifi

料金面では最安値を実現!
  • 初期費用1,000円
  • 月額利用料は、3,300円
  • 端末はWiMAXかソフトバンク
  • 解約時の違約金が一切なし

SPACE Wi-Fiより月額料金自体は380円も安いです。
通信容量が1日2ギガ制限なのでスマホの通信量を安くしたい人向け。
ライトユーザーなら縛りなしwifiがオススメ。

完全無制限wifi比較表

無制限wifiの料金徹底比較(2年間利用)

まずは一番気になる料金を徹底比較し、比較表にしてあります。

注意点としては、CMで話題のどんなときもWiFiは25ヶ月目以降から料金が500円上がります
基本的には2年間で一度解約するほうが良いですね。

料金比較表初期費用(送料含む)1ヶ月目2ヶ月目3ヶ月目4〜24ヶ月目合計額月額料金
(合計額÷24)
どんなときもWiFi3,0003,4803,4803,4803,48086,520¥3,605
NOZOMI WiFI3,9804,4804,4804,4804,480111,500¥4,646
よくばりWiFi3,800003,4503,45079,700¥3,321
Mugen WiFi3,0003,2803,2803,2803,28084,720¥3,405

見ていただくと分かりますとおり、最安値は「よくばりWiFi」です。

2ヶ月無料のキャンペーン中というのがやはり大きいですね。
しかも25ヶ月目以降も価格は据え置きで、嬉しい料金プランとなっています。
そしてさらにNTTグループカードのキャッシュバックを活かせれば更に6,000円安くなります。

無制限wifiの通信速度徹底比較

実際に無制限の容量でも、インターネットの速度が遅かったら困りますよね。

4種類のwifiを実際に契約してみたので、ここではお昼の時間帯速度を比較しております。
※もちろん環境や測定時間も異なるので参考までにどうぞ

↓クリックで画像拡大できます↓

 

通信速度徹底比較ダウンロード(のぼり)アップロード(くだり)
どんなときもWiFi17.9Mbps4.75Mbps
よくばりWiFi37.5Mbps21.9Mbps
Mugen WiFi32.2Mbps9.82Mbps
NOZOMI WiFi7.82Mbps5.33Mbps

「よくばりWiFi」と「Mugen WiFi」は文句なしのスピードになりました。

この2つは価格も「どんなときもWiFi」より安いにも関わらずこの速さは衝撃です。

無制限ポケットwifiのよくある質問

これまでのポケットwifiやWiMAXって無制限じゃないの?
日ごとのギガ制限(1日3ギガや3日で10ギガ)や月間30ギガなどの制限が存在します。
本当に無制限のwifiは存在するの?
完全無制限のwifiが登場しました(明らかに違法となるダウンロードや著しくネットワークを故意に占有しようとしない限り)
通信回線はどこのキャリアを使っているの?
トリプルキャリア対応のクラウドSIM搭載型wifiもあります。事実上はほとんどソフトバンク回線につながることが多いです。
実際、月間100GB以上も必要?
基本的なPC作業やスマートフォンのギガ節約であれば、なかなか100GB以上は必要ありません。

使い方別ポケットwifiのオススメ|まとめ

最後に、今度は用途別におすすめのポケットwifiをおさらいします。

スマホの利用料を安くしたい方、パソコンのライトユーザーは縛りなしwifiがおすすめです!

1日2GBで十分なら!月額料金も安く、違約金のかからない「縛りなしwifi」をチェック

動画コンテンツの利用が多めのノマドワーカーにはSPACE Wi-Fiがおすすめです!

従来の実質無制限を選ぶなら!いろいろなストレスから解放される「SPACE Wi-Fi」をチェック

LIVEを配信、動画をアップとヘビーユーザーにはMugen WiFiがおすすめです!

とにかく無制限がいいなら!自動更新なしで価格も安い「Mugen WiFi」をチェック

 

いかがでしたか?
自分にあったポケットwifiは見つかりましたか?

下にも、各wifiを実際に使用したレビューを書いています。

気になるものがありましたらそれぞれチェックしてみてください!

騙されないポケットwifi選びの記事一覧