フレスコボールディフェンスの解説《長田ver》

長ちゃんに今回はディフェンスの解説をしてもらいます。

私は普段フォアハンドディフェンスをしないので、特に書いて欲しいと頼みました!

ですがバックハンドディフェンスで私が意識していることと共通点が多かったのが印象的です。

ということは、かなり重要なエッセンスかもしれませんね!

必見!フォアハンドディフェンスの要

こんにちは!フレスコボール日本代表の長田です!

今回はディフェンスについて解説します。

アタックを生かすも殺すも、ディフェンスの技術が問われます。

安定的なラリーは、ディフェンスの力で左右されると言っても過言ではないなと、個人的に思っています。

では、日頃どのようなところに気をつけているのか?を考えてみたいと思います。

あ、ちなみに僕はフォアハンドでのディフェンスになるので、同じフォアハンドでディフェンスをする方の方が参考になると思います

もちろん、すべてがそうではないので、バックハンドでのディフェンスの方も一読ください!

※前回のアタック編はこちら

そもそもディフェンスとは

めちゃめちゃ根本的な話から。当たり前にある「ディフェンス」という技術ですが、何のために必要なのでしょうか?

 アタックを成立させるため?

 早いボールをしっかり返すため?

これらは正解でもありますが、僕の中では「ラリーをコントロールするため」だと考えています。

一見、目立つのはアタック側のスピードの早いボールです。

しかし、スピードボールがあった上でラリーを成立させ、何分間もラリーを続けられるのはディフェンスがコントロールしているからこそだと思います。

これは技術的なところもそうですが、精神的な部分もあると思っていて

「どんだけズレても必ず返すぞ!」

という姿勢が伝わるだけで、アタックは安心感を持ってスピードボールを打つことができます。これがあるかないかで、全然違ってくるのかなと。

そういう意味でも、ディフェンスはラリーをコントロールしていかないといけません。

手首は90~100度で固定

フレスコボールディフェンス手首

フォアでディフェンスする際、この手首が非常に重要になってきます。

両手で打てるバックハンドでのディフェンスだと、早いボールに打ち負けることはそうそうありませんが、片手でのディフェンスだとスピードボールにラケットが負けてしまうことがあるからです。

なので、一番力が入りやすい「90~100度」ぐらいの角度で、手首を固定して打つことをお勧めしています。

手首をしっかり固定しておかないと、ラケット面の向きが崩れてしまい、まっすぐ返すことが困難になってしまいます。

腰を落として、体重を乗せる

フレスコボールディフェンスの構え

アタック編でもお伝えしましたが、大事になるのは足腰という、“土台部分”です。

これはフットワークの向上もそうですが、パワーを出すという部分においてもかなり重要な役目を果たします。

アタックと違って振り切ることができないディフェンスは、小さな動作で70キロ以上のスピードボールに負けないパワーを、ボールに伝えなくてはいけません。

腰を落として体重を乗せることで、腕に余計な力を入れずにパワーを伝えていくことが可能になります。

どんなボールでも面を相手に向ける

正面のボールでは基本的に意識されることではありますが、ディフェンスは正面以外のボールを打つ機会がとても多いですよね。

遠めのボールであったり、低めのボールであったりと、相手が視界から消える打点で打つことが少なくありません。
この時、常にラケットの面を相手に向けていられるかで、ミスするか否かが左右されるなと思っています。

「ラケット面が今どちらを向いているのか」を意識してディフェンスをしていくと、感覚的に面の向きを把握できるようになってきます。
そうなってくると、少し難しいボールでも相手がいる位置へコントロールできるようになってくるのかなと思います。

打点は体より前

フォアディフェンス打点

フォアでディフェンスするときは、打点を体より前にした方がスムーズにボールを返すことができます。
これは、しっかりブロックし打ち負けないようにするためでもありますし、正面のボールを取りやすくなるという点でもメリットがあります。

体の横でボールを取ろうとしてしまうと、体に近い位置で打つ際、とても窮屈で打ちづらいです。

さらに一番の目印となる“体”に打てないとなると、アタックを打つ人に対して安心感を与えることができないと思っています。

毎回、元のポジションに戻る

ニュートラルポジション

後ろのまっつんが楽しそう

「ゼロになる」というのは、写真のように構えの状態に戻るということ。

僕はこれを打つたびに毎回繰り返しています。テニス経験者であるため、その時の癖でもありますが、今でもその癖は残すように意識しています。

これを行うことの最大のメリットは、逆球を取れるようになることです。

相手が打つ前からディフェンスの構えを始めてしまうと、逆の方向にボールが飛んできた際、対応するのが非常に難しくなります。

逆球は、取ることが一番難しいボール。

だからこそ、これを取ることができると、アタックの人に圧倒的安心感を与えることができます。
僕も取ってくれたときは思わず「ありがとう!」とお礼を言ってしまいますので。笑 

もちろん、バックでのディフェンスの場合、はじめから構えていても逆球を取れる人はいると思うので、ここは向き不向きもあるのかなと思います。
僕の場合、これが一番向いている対策だなということですね。

ボールの押し具合でスピードをコントロール

手首を固定して、ブロックして、ディフェンスをするというお話をしましたが、ボールのスピードを調整する際、ボールをどのぐらい押すかによってコントロールしています。

早めのテンポを保ちたい場合は、ボール1~2個分前に押しつぶすイメージを持っていますし、相手の体制が崩れた場合は、時間を作るために、わざとボールに打ち負けることでスピードを殺しています。

このように、ラケットにボールが触れてから、どう対応するかによって、スピードはかなりコントロールできるので、相手の状況を冷静に見つつ、適したスピードで対応できればいいなと思います。

最後に

以上、ディフェンスの際、気をつけていることをお伝えさせていただきました。

僕は、アタックよりディフェンスの方が好きです。
それは、アタックの時以上に、相手のことを考えられる時間ですし、気持ちよくアタックを打ってもらえると嬉しくなるから。

ブラジルでも、フレスコボールが上手いプレイヤーは、こぞってディフェンス力が際立っていたので、それほどフレスコボールにおいてディフェンスが持つ役割は大きいのかなと思います。

今回のクリニックが、皆さんの何かしらの参考になれば幸いです。

それでは!