ディフェンスを鍛えてラリーのクオリティをあげよう

今までのクリニックでは意識寄りの話をしていましたが、今回はかなり具体的にどうしたら上手くなるかについて解説チャレンジしていこうと思います。

個人的な見解は、ディフェンスが上手くなればなるほど、ラリーの質はあがると思っています。

ディフェンスのほうが難しいと思う人がけっこう多いなぁと、体験会や練習を通して思うのでディフェンスについて解説してみたいと思います。

両手ディフェンスであれば、ブラジル人のTOP選手は全員このように打ってます。

ぜひ意識してみてください。

両手ディフェンスの基本スタンス

フレスコボールディフェンス構え

ボールのインパクト時、右手首がまっすぐになるようにボールに当てます。

手首が折れてしまうと、強いアタックを受け続けると手首を痛める原因にもなりますし、実際に返球のブレが生じます。

また左手首は後ろからまっすぐ押し出せるように直角に折って構えます。

 

〇右手首が折れてしまっている悪い例

右手首NG

この写真のように、右手首が曲がらないようにボールを待ち受けましょう。

〇左手首がラケットに対して寝ている悪い例

左手首NG

左手首が中途半端に曲がってしまっていると、強い打球に負けることが増えてしまいます。

 

両手ディフェンスの押し出しと注意点

それでは横から見た構えです。

右肘から先はまっすぐになるように構えます。

ちなみにラケットから左手の指がはみ出てるのは手が大きいからです(笑)
手のひらがラケットの真ん中にくるように、左手は添えるのが一番良いと思います。

正しいディフェンスの構え横から写真

この状態からまっすぐに、約10センチほど押し出します。

とにかく写真の通り、定位置から押し出すだけです。

相手から面が斜めに見えるような引き方はNGです。

NGな引き方その1

また、体にくっつくように引くのもNGです。

NGな引き方その2

とにかく

正しいディフェンスの構え横から写真

ここから

こう!

 

です。

あとは横から見たYouTubeの動画を載せておきます。

こっちはスローverです。

 

参考にしてみてください!