ここではどんなときもWiFiを実際に使用してみたリアルな評判・口コミをお伝えします。

もし完全無制限のwifiをお探しであれば2019年9月時点で最高スペックのwifiと言えそうです。

よくある、1日3ギガ制限も3日10ギガ制限もありません。

どんなときもwifi

どんなときもWiFiの動画(CM)

佐藤二朗さんと今田美桜さんを起用したCMが話題になっていますね。

資金面では問題なさそうなので運営会社としての安心感はありそうです。

一度はこの動画がきっかけで申し込みが殺到し、一時販売停止をしていたほどの人気wifiです。

どんなときもWiFiのスペック

どんなときもWiFi|端末

端末は1種類で「D1」という端末です。ディスプレイをもたない珍しいタイプです。

そのため、操作は電源のオンオフのみですので、誰でも簡単に使用できますね。

サイズはiPhoneXRとほぼ同じでした。

どんなときもWiFi端末D1

D1の主な特徴

同時接続台数:5台

連続使用可能時間:12時間

接続端子:MicroUSB

どんなときもWiFi|料金プラン

現在キャンペーンをおこなっており、価格はとてもシンプルです。

契約開始から2年間は

・3,480円(税抜)

その後は

・3,980円(税抜)

上記に加えて初期費用が

3,000円(税抜)

だけかかります。

要注意!口座振替でのお申込み

どんなときもWiFiは必ずクレジットカード払いで申し込みましょう。

先程の料金はクレジットカード払いでの料金となっております。

口座振替での料金は

・3,480円 ⇒ 3,980円(税抜)

になってしまい、さらに口座振替手数料として

200円(税抜)

がかかりますので、合計で

4,180円(2年目以降は4,610円)

となってしまいます。

700円も毎月高い料金を払わなければいけなくなります。必ずクレジットカード払いにしましょう。

どんなときもWiFi|実際の通信速度

混雑しがちなお昼の時間帯に通信速度を計測してみました。

ポケットwifiとしては十分なスピードかなと。

Googleのテストにも高速と出ております。

17.9Mbps:ダウンロード
4.75Mbps:アップロード

 

どんなときもWiFi実機の通信速度

どんなときもWiFi|対応エリア

どんなときもWiFiは初のトリプルキャリア方式を採用しております。

なんと

  • ソフトバンク
  • ドコモ
  • au

3回線のそれぞれ一番電波が強い回線を自動で最適化してくれます。

つまり日本中が対象範囲になります。

どんなときもwifi

どんなときもWiFiのデメリット・メリット

どんなときもWiFiのデメリット

契約期間が2年間

2年間は使用しないと違約金が発生します。

  • 1年以内の解約:19,000円(税抜)
  • 2年以内の解約:14,000円(税抜)

となかなかの高額です。

どんなときもWiFiの唯一のデメリットとも言えるので必ず注意してください。

また、2年経つと月額料金も500円高くなりますので、解約したほうが良いかと思います。

端末はあくまでレンタル

こちらはそこまで個人的にはデメリットではないのですが、端末はレンタルです。

解約時には返却する必要がありますので、物忘れがひどい人は注意が必要です。

もし紛失・盗難にあってしまうと

18,000円

が請求されてしまいます。

かなりの高額ですので、気をつけて持ち運びしましょう。

どんなときもWiFiのメリット

通信容量が完全無制限

1日3ギガ、3日で10ギガという制限がありません。

また月間での制限もないwifiはかなり珍しいです。

安心して、しかも複数人で利用することができますね。

友人に遠慮せず使っていいよと言えます。

価格が安い

3,480円は光回線や他のwifiと比べても最安値級の価格です。

デメリットにも記載しましたが、3年目以降は安いとは言えないので必ず2年で解約だけはするようにしましょう。

Googleカレンダーに申し込んだらすぐに解約日をスケジュールに入れておくといいですね。

即日使用できる(関東にお住まいの方)

関東にお住まいであれば、日曜祝日以外は申し込み当日から利用することもできます。

通常通りWEBで申し込み完了後に

  • 秋葉原
  • 渋谷

へ受け取りにいくだけです。

営業時間は10:00〜19:00

急ぎでwifiを必要としている人にはとてもありがたいのではないでしょうか。

どんなときもwifi

どんなときもWiFiの海外利用はオススメできるか

ちなみに、どんなときもWiFiは海外でもそのまま利用可能です。

どんな場合にオススメできるかをお伝えします。

どんなときもWiFiの海外利用時の料金

まずは海外利用時の料金ですが、こちらはエリアによって2パターンに分かれます。

以下の料金が海外利用したときの日数分だけかかります。

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米

1,280円/1日

中東・南米・アフリカ

1,880円/1日

となっています。

そして容量は1日1ギガまで利用可能です。

どんなときもWiFiの海外料金の注意点

1日1ギガまで利用できるのはとてもありがたいですが、その基準日だけ注意が必要です。

リセット日は日本時間AM9:00とのことなので、日本時間でその時間をはみ出ないように利用する必要があります。

少しでも使用してしまうと、いくらギガが余っていても、1日料金が課金されてしまいます。

どんなときもWiFiの海外利用をオススメできない場合

現地のホテルに備え付けのwifiや公共のwifiを賢く使えるなら別途、海外wifiをレンタルしたほうが良いです。

500メガで580円〜の海外wifiもあります。私がいつも使っているのは「jetfi」です。

参考海外レンタルwifiの比較をしてみた

常にバックパックで移動しながらインターネットを使い続けたいという人は、そのままどんなときもWiFiを利用しても良いかもしれません。

他の完全無制限wifiとの比較

どんなときもWiFiについては良く分かった人も、他の無制限wifiとの料金比較が気になることかと思います。

そちらについては以下の記事で詳しく解説しております。

参考無制限のポケットwifiを徹底比較してみた

ぜひこちらの記事もご覧いただき、納得した上でお申し込みはしてください。

どんなときもwifi

wifiの解約金に困った経験はありませんか?

キャッシュバックや初月無料などに釣られて、高額な解約金を支払った経験はありませんか?SPACE Wi-Fi」なら

  • 初期費用(送料)なし
  • 端末代金なし
  • 解約金なし

とメリットがたくさん。必要ないストレスから今後解放されます。
月間100GBあれば十分な人には間違いなく「SPACE Wi-Fi」がオススメです。