評価:3.5

JP WiMAXの端末

実のところ、私はWiMAXが好きではありません。

比較しづらくさせている料金プラン
受け取りにくいキャッシュバック
初回強制加入させられるオプション

に正直うんざりしていました。

ですが、各種WiMAXの料金プランを徹底比較してみて、かつキャッシュバックが好条件で受け取れる「JP WiMAX」なら紹介しても良いかなと思えました。

契約期間にはどうしても注意が必要ですが、他のWiMAXプロパイダより断然オススメできます。

ここでは実際に「JP WiMAX」を使用してみたリアルな評判・口コミをお伝えします。

ポイントは

  • 『すぐに』キャッシュバックのAmazonギフト券を受け取れる
  • 実際に支払いする料金を徹底比較してみても『破格』
  • オプションの加入はすべて『任意』

というところです。

「WiMAX」徹底比較での前提

「JP WiMAX」と他のWiMAXを比較するうえで同じである条件を先にお伝えします。

  • 通信制限
  • 料金エリア
  • 通信速度

は、基本的にどのWiMAXと契約しても同じです。
すべて大元のUQコミュニケーションズから回線を借りているからです。

月間通信制限

WiMAXは月間容量が無制限という表記があっても、すべて

3日で10ギガバイト

というのは変わりません。
月間7ギガバイトという安めのプランを用意している会社もありますが、すぐに7ギガは到達するので基本契約する意味はないです。

通信エリア

WiMAXはすべてUQコミュニケーションズの対応エリアに準じます。

契約前に自分の使用する地域がエリア内かを必ず確認してください。
(とはいえ大抵のエリアでは使用可能です)

参考WiMAX(ルーター)のサービスエリア|超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX 

通信速度

こちらは端末によっても最大速度が少し変わります。
WiMAX端末ごとの通信速度目安

''【公式】JPWiMAX ''より引用

注意してほしいのは、最速の◯◯Mbpsが実際に速度として出ることはまずありえません。
あくまで最速であって、実際に測ってみると半分も出ればいいほうです。

JP WiMAX|実際に使用時の通信速度

ということで実際に朝・昼・夜・深夜の時間帯にてGoogleのスピードテストで測定してみました。

今回使用したのは最新端末である「W06」です。

結論から言うと、ダウンロードは全時間帯で十分な速度が出ています。
ですがアップロードはかなり遅いです。

JP WiMAX|朝の通信速度

まずは朝です。通勤時間にスマホやタブレットを使う人も多いのではないでしょうか。

JP WiMAX|朝の通信速度
31.5Mbps:ダウンロード
3.56Mbps:アップロード
JP WiMAXの朝の通信速度

JP WiMAXの朝の通信速度

 

ダウンロードはなかなかの速さのようです。

JP WiMAX|昼の通信速度

次にお昼での速度測定です。ランチ時間で混雑しやすい時間帯です。

JP WiMAX|昼の通信速度
23.3Mbps:ダウンロード
1.68Mbps:アップロード
JP WiMAXの昼の通信速度

JP WiMAXの昼の通信速度

 

アップロードはさらに遅くなりました。

JP WiMAX|夜の通信速度

そして注目の夜です。

JP WiMAX|夜の通信速度
17.2Mbps:ダウンロード
0.93Mbps:アップロード
JP WiMAXの夜の通信速度

JP WiMAXの夜の通信速度

 

アップロードはもう厳しいかもしれません。
ダウンロードはまだまだ十分な速度です。

JP WiMAX|深夜の通信速度

最後に深夜の時間帯です。

JP WiMAX|深夜の通信速度
4.24Mbps:ダウンロード
5.63Mbps:アップロード
JP WiMAXの深夜の通信速度

JP WiMAXの深夜の通信速度

 

深夜と夜では、そこまで速度に変わりませんでした。

WiMAXの料金徹底比較

さて、気になる大手WiMAXプロパイダの料金を徹底解剖しました。
特に比較をしづらくさせていたのは、月ごとに上がっていく月額料金です。

各社値上がるタイミングがズレていたり、キャッシュバックのあるなしでかなり複雑でした。
ですがこうして比較表にするとかなり分かりやすくなりますね。

※価格はすべて税抜

料金比較表初期費用(送料含む)キャッシュバック1ヶ月目2ヶ月目3ヶ月目4〜24ヶ月目25〜36ヶ月目合計額1ヶ月の料金
(合計額÷36)
UQ WiMAX3,00003,8803,8803,8803,8803,880142,6803,963
GMOとくとくBB3,000-34,8003,6093,6094,2634,2634,263120,3603,343
カシモWiMAX3,000001,3803,4803,4804,079129,8883,608
Broad WiMAX3,00002,7262,7263,4113,4114,011131,6263,656
JP WiMAX3,000-11,0002,8002,8002,8003,5004,100123,1003,419

こうやって料金を丸裸にしてみると、業界最安級と謳っている「カシモWiMAX」や「Broad WiMAX」がそこまで安くないことが分かります。

そして安いのはやはり「GMOとくとくBB」ですね。
ただこちらはキャッシュバックの受け取り条件に難ありです。

とくとくBBのキャッシュバック受け取り
●端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛に案内メールがくる。
⇒そこに振込口座の返信をしなければならない
●振り込みは、返信があった翌月末日(営業日)
●基本メールアドレスとはGMOとくとくBB入会時に作らなければいけないメールアドレス
●もちろんサービスを利用中であること

私は忘れやすい正確なので、正直不安で申し込む気にはなれませんでした。

JP WiMAXのデメリット・メリット

JP WiMAXのデメリット

もしauユーザーでも恩恵を受けれない

WiMAXの大元運営であるUQコミュニケーションズはauを運営するKDDIの子会社です。
なので携帯電話のキャリアがauの人は最大で毎月1,000円安くなります。

ただ「JP WiMAX」はこちらの対象外となってしまっています。

どうせWiMAXを契約するなら、一緒に格安スマホにしてしまうことがオススメです。
ちなみに私は「LINEモバイル」を使用しています。

解約金が高い

残念ながら、3年という契約期間の縛りがあるため途中解約してしまうと違約金がかかります。
契約更新月以外は高額の解除料がかかりますのでご注意ください。

JP WiMAXの契約解除料
・1年未満:30,000円
・3年未満:25,000円
・契約更新月:0円
・以降:9,500円

JP WiMAXのメリット

受け取りやすいキャッシュバック

「JP WiMAX」のキャッシュバックはすぐに受け取ることが可能です。

WEB上での申込み完了メールに申請用URLが書いてあります(もちろんここでは公開できません)。

端末を受け取ったら、契約IDも入っているのでそちらを申請用URLで入力するだけです。

JP WiMAXのキャッシュバック

''【公式】JPWiMAX''より引用

 

非常に安い価格
一番安いのはたしかに「GMOとくとくBB」でした。
ですが一ヶ月あたりの料金の差額はたったの、76円です。
これなら確実に受け取れるキャッシュバックを選んだほうが無難かと私は思います。

WiMAXで選ぶなら確実に「JP WiMAX」がお得

これまでの理由から、私がWiMAXを選ぶなら「JP WiMAX」でした。

ただおさらいしますと、「JP WiMAX」に限らずWiMAXには

  • アップロード速度は遅い
  • 3年という契約期間には注意しなければならない

というデメリットがありました。

そのうえでWiMAXを選ぶなら「JP WiMAX」が一番ユーザーに親身なプロパイダだなと思います。

 

また、もし3日で10ギガという制限も厳しいという方には以下の完全無制限wifiがオススメです。

 

他にもこちらのサイトでは徹底比較をたくさんしていますので、興味があれば読んでみてください!