フレスコボールを日本のビーチに広めたい

そんな思いからこのサイトを立ち上げてみました。

フレスコボールには、とてもたくさんの魅力が詰まっています。
私はフレスコボールに出会い、人生が変わりました。

きっと今現在、フレスコボールをプレーしている方は大なり小なり、同じように何かしら人生が変わった人だと思います。

フレスコボールの魅力や情報だけでなく、フレスコボールを通じて知った有益な情報や、多彩で魅力あふれる人も紹介していきたいと思っております。

現時点では東京・神奈川の情報が中心になってしまいますが、場所を選ばずプレーできるので他の都道府県の方も参考にしてもらえれば幸いです。

そのうち全国のビーチでのフレスコボール情報をまとめてみようと思います。
もちろん、同時進行で世界のビーチ情報も発信していきます。

「フレスコボールを通じて、自由で人間的なライフスタイルを実現する」
これを目標に今後も奮闘してまいります。

フレスコボールとは?

フレスコボールはブラジルのリオデジャネイロ発祥のビーチスポーツです。
日本では2013年に協会が立ち上がっております。

一般社団法人日本フレスコボール協会HP

簡潔にいうと特徴は大きく3つ

  1. ゴム製のボールをラケットで打ちあう
  2. 二人一組のペアでラリーを続け、そのパフォーマンスが採点される
  3. ペアとの距離7m以上で間にはネットはない

つまり、ペアラケット2つボール1つあれば最低限楽しめます。

こんなに手軽に、どこでもプレーできて
老若男女問わないスポーツを私は他に知りません。

しかも、フレスコボールには意外な健康効果も必ずあると思っています。
30歳を迎えた私ですが、大学生に思われることもあります(笑)
でもそれぐらいアンチエイジングにも効果があるような気がしています。

もちろんそれだけではなく、会社以外の人との輪も広がりますしたくさんの刺激をもらうこともできます。

フレスコボールのラケットはどこで手に入れるの?

実際にやってみたいと思ったときのグッズの入手方法です。
残念ながら今の日本では入手方法が限られているのが現状・・・

フレスコボール協会 公式ストア

フレスコボール協会のオンラインショップです。
初心者の方向きのスターターセットは
ラケット2本とボール2個がついて¥6,264で販売しています。
1本売りもしています。
日本で製造しており、一番安いのでまずは始めてみたい人にぴったり。
無地なので、自分でペイントをして楽しんでいる方もいますね。

fruits de mer(フリドメール)鎌倉本店

鎌倉の長谷駅が最寄りのビーチ用品ショップです。
ここではブルーマンというブランドのラケットが買えます。
※ホームページには一切ラケットについては書かれてません(笑)
※完全に女性の水着ショップなので男性は若干入りづらいです(笑)
ちなみに私はここで買ったラケットを愛用しています!

海外で買う(買ってきてもらう)

日本ではまだまだ普及途上ですが、海外ではブラジル、メキシコ、イタリア、スペインなどで販売されています。
旅行で行く機会があったら、探してみるのも面白いですね。

私のプロフィール写真のラケットはイタリアのミラノで買いました。
なんとオシャレな雑貨屋さんで売ってました。
本場のブラジルではあちこちで売ってるみたいですね。
12月が楽しみです。

自分で作る(人に作ってもらう)

そうです、フレスコボールのラケットを作るという手段もあります。
木材を買って、昔なつかしの電動ノコギリとヤスリがあれば作れます。

私の知り合いには、とてもオシャレなラケットを作るデザイナーがいます。

内藤 藍さん(通称あいぼん)です!

紹介記事はこちら

LINEのフレスコボールスタンプも2種類作成してます!

せかいいち、ロハスなフレスコプレーヤー
せかいいち、ロハスなフレスコプレーヤー 2

とてもロハスで、ゆるふわな感じのクセになるスタンプです。
あいぼんのモットーが随所にちりばめられてます。

なにかフレスコ関係のデザインで困ったら、お仕事の依頼をしてみてはいかがでしょうか。

フレスコボールはどこでプレーするの?

フレスコボールはビーチでなくても、体育館や公園で遊べます!
公園の場合は柵に囲まれている場所だと、ボールあちこち散らからずに良いと思います。
参考までに私は主にこんな場所でプレーしています。

ビーチ

お台場海浜公園(東京都港区)

有名な東京のビーチですね。
残念ながら球技は団体申請して利用登録しなければ使えないみたいです。
かつ5~10月の間しか使用できません。
でも8名集まったら申請しておいて損はないですね!
団体登録はこちら

三浦海岸海水浴場(神奈川県三浦市)

日本のフレスコボールの発祥の地です!
夏には夏小屋という海の家がオープンし、そこでは専用コートが併設されます。
ジャパンオープンをはじめとした大会が年間通して開催されています。
砂浜も広く、砂の柔らかさもちょうどいいです。

逗子海岸海水浴場(神奈川県逗子市)

こちらの逗子海岸でもフレスコボールをしています。
なんと海上自衛隊の方々も逗子でプレーをされているとか!
オシャレなお店や、味のある居酒屋も多いのでこれからそんなお店情報も発信していけたらと思います。

公園

・西戸山公園(東京都新宿区)

高田馬場と新大久保の間にある公園です。
以下の協会ブログが参考になります!

新宿中央公園(東京都新宿区)

新宿の都庁前近くにある公園です。
柵に囲まれたエリアがあり、そこでフレスコボールができます。
下図の右上の赤丸のエリアです!

たかはら公園(東京都中野区)

中央線の中野駅と高円寺駅のちょうど中間にある公園です。
こちらも柵に囲まれたエリアがあるので重宝しています。
すぐそばにトリコカレーというメディアに取り上げられる行列店があります。
近くにはコンビニがないので、飲み物は事前に買っておくとよいです。

三光児童遊園(東京都港区)

こちらは広尾駅が最寄りの公園で、天現寺橋の近くにあります。
ここは普段はあまり使わないのですが、首都高の高架下にあるのでなんと雨の日でもフレスコボールができます!
少年野球にはじまり、ラクロスやクリケットをたしなむ人もいます。

竪川親水公園(東京都墨田区)

こちらは錦糸町駅が最寄りの公園でこちらも高架下にあるため雨天でもプレー可能です。
ただ公園が広いのでGoogleで地図検索すると、フレスコボールができなそうなとこに誘われます。
ミニストップ江東橋店を目指して歩くといいと思います!

フレスコボールはどうやってやるの?

ラケットが手に入り、どこか場所も探せたらあとは友人や家族との実際にプレーしてみることをお勧めします。
YouTubeで「フレスコボール」「frescoball」「frescobol」と検索すればたくさん動画が出てくると思います。
ですが最初は、7mとかスピードの速さは気にせず、まずやってみてください。

詳しい練習方法は、また紹介していきたいと思います。

もし教えてほしい方がいらっしゃいましたらご連絡ください!