• SPACE Wi-FIの使用感が知りたい
  • 民泊wifiって個人でも申し込めるの?
  • 他のwifiよりなにがメリット?

この記事はそんなお悩みを持っている方にオススメの内容となっています。

私は「SPACE Wi-Fi」を利用しているのですが、結論、個人利用で大幅に固定費の削減に成功しております。

特に

  • 複雑な契約プランが煩わしい
  • 3年縛りのWiMAXにウンザリ
  • 高額の違約金を払わされた

そんな人は一見の価値ありです。

SPACE Wi-Fiは容量無制限・期間縛りなしで個人利用こそオススメ。

私はSPACE WiFi(スペースワイファイ)を利用しているのですが、他のポケットwifiやWiMAXプロパイダに比較してみても、申し込むべきメリットがたくさんありました。

特に

  • 契約期間の縛りなし
  • 違約金なし
  • 契約手数料なし

などが、SPACE WiFiを使う最大のメリットです。

選んだくだりや個人の事情を飛ばして、どんなWIFIかすぐに知りたい方は「スペースワイファイ」公式サイトへどうぞ!

ちなみに民泊レンタルwifi同士の料金比較表は公式サイトに詳しく書いてあります。

常に最安値保証をしてくれています。

民泊以外のwifi、WiMAXとの比較表も作成しましたので、民泊wifiを個人利用するかどうかの検討用に使ってください。

wifi選びで困った経験、ありませんか。複雑すぎるプランにウンザリ

Wi-Fiなどのインターネット回線って

  • キャッシュバックキャンペーン
  • 実質料金
  • 3年契約

など、月額料金や契約プラン内容が非常に複雑ではないでしょうか?

結局どれがいいの?とか混乱した経験は誰しもがあるかと思います。

そして必死に選ぼうとするともう面倒になって、結局家電屋でオススメされるがままに契約してしまったって経験ないですか?

私の妻がそうでした(笑)

もともと契約していたYモバイルのポケットwifiが、月額料金高い上になにもキャンペーンなしに契約していたというので解約しようとしたら

3年契約!?
解約すると端末代も支払い!?

みたいなとんでもない状況になりました。

同じことで失敗してしまう方を減らすために、SPACE WiFiだけでなく、有名どころのWiMAXプロパイダも徹底料金比較しました。

その中で一番条件の良かったSPACE WiFiを、実際に個人で利用して、通信費を大幅に節約できたので紹介します。

民泊wifiとは??個人利用にもメリット多数

まずは民泊wifiについてです。

民泊というのは今流行のAirbnb(エアビーアンドビー)で自分の住まいを、民宿のように貸し出すサービスですね。

もともと民泊wifiはその泊まりにくるゲストのために、自宅のオーナーが契約する専用のwifiだったのですが、実は民泊やってなくても申し込みできる製品があります。

特にオススメは「SPACE Wi-Fi」です。

「そもそも民泊wifiってなんなの?普通のwifiとなにが違うの?個人で利用するメリットあるの?」

そんな疑問にお答えるするために、まずはそのメリットを列挙していきます。

①月間の通信量に制限なし

民泊(Airbnb)って月に何人ものゲストを泊めますよね?
ゲストはもちろん、wifiが利用できる民泊を求めています。
そして次に泊まる人のことなんて、各個人レベルでは当然考えないので、wifiを制限気にせず利用します。

仮に、通信制限が発生したらそれはもう、次のゲストからクレームです。

なので、民泊wifiは基本的に月間使用量無制限になっております。

②2年間や3年間等の契約期間の縛りなし

正直、月間無制限のWiMAXは別に珍しくありません。
大抵のプロパイダでギガ放題プランという無制限プランはあります。

最大のメリットはいつ解約しても違約金がかからないということ!

民泊wifiはなんと、契約期間が定められておりません。

というのも、民泊って思ったより利益が出なくてやめてしまうリスクもありますよね?

そんなケースに備えて、民泊wifiには最低1か月の利用期間はありますが、それ以上の契約期間が定められていないのでなんと違約料が発生しません。

この特徴は、民泊wifiを個人で利用する人にもとてもありがたいことです。

成長の早いIT業界だと2年とか3年あれば、より素晴らしいサービスが出る可能性だって大きいです。
(事実、この民泊wifiが生まれました)

違約金なんてうんざり!という人には本当にオススメです。

③端末代金なし、レンタルも無料

あくまで民泊用のレンタルwifiなので、当然といえば当然なのですが、これもなんとも明瞭です。

よくある

  • キャンペーン適用で端末代金無料、とか
  • スマホみたいに月額利用料が安くなって端末代金が相殺扱い、とか
  • キャッシュバックで実質無料、とか

そういった煩わしさは全くありません。分かりやすいシンプルな料金体型です。

レンタルはデメリットに思えますが、3年使用したwifi端末って手元に残ってもしょうがないので全く問題ないです。

ということで民泊向けで嬉しい内容は個人利用でも嬉しいものばかりです。

民泊wifiの個人利用にオススメは「SPACE WiFi」

結論からいうと、民泊wifiを個人利用するのであれば間違いなくSPACE Wi-Fiです。

民泊用wifiでは最安値の価格になっていますし、サポート体制も万全です。

民泊ホスト向けへのサービスを展開している「株式会社SPACE AGENT」が運営していることが安心ポイントですね。

「SPACE WiFi」の料金

公式サイトを見てみると

  • 月額費用 3,680円(税抜)
  • 契約事務手数料 0円
  • 解約事務手数料 0円
  • 解約違約金 なし
  • 送料 0円

なんと、ただでさえ違約金や実質料金といった要素がなくシンプルな民泊wifiですが

「SPACE WiFi」に関しては

  • 契約事務手数料
  • 解約事務手数料

この2つさえもかからないのです。 最安値保証をしているだけあります。

公式サイトには他社民泊wifiとの料金比較表が載っていますので、一度確認してみてください。

しかも

2019年2月1日時点でGoogle/Yahooにおいて「民泊 wifi」と検索した際の検索結果上位10件に含まれるすべての民泊用Wi-Fi商品と比較し、契約から1ヶ月以上利用し解約した際までの「総費用」が最安値であることをお約束いたします。

とあります。

今後も、仮により安い民泊wifiが登場しても、最安値を更新してきそうです。

「SPACE WiFi」のデメリット

最新の端末が選べないことだけが、強いてあげるならばデメリットかなと思います。

レンタルできるのは旧端末にはなりますが、正直そこまで不便はありません。

WiMAX端末  :Speed Wi-Fi NEXT04
Softbank端末  :Pocket WiFi 801ZT

が届けられる機種です。

WiMAX:Speed Wi-Fi NEXT04の速度制限

WiMAXギガ放題プランと同様に、3日間で10GBの通信制限はあります。
速度制限がかかるとその翌日18時頃から翌々日2時頃までが低速になるそうです。

とはいっても

10GB=YouTubeの標準画質で約47時間(スマホ視聴)
※制限期間中も、1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)で通信可能

ということなので、そもそもなかなか速度制限かからない上に、制限かかってもある程度は問題なく使用できます。

まして民泊用ではなく個人利用するであれば、私は一回も速度制限かかりませんでした。

参考WiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について

Softbank:Pocket WiFi 801ZTの速度制限

1日で3GBを超える大量通信が発生した場合、当日中速度が制限されます。

ちなみに
3GB=YouTubeの標準画質で約12時間30分(スマホ視聴)
なのでそこまでインターネットを利用することはあまりないかと思います。

エリア外であれば指定できます

自分の住んでいるエリアがどちらかの回線で対象エリア外であれば、申込時に指定が可能です。
それぞれ住むエリアの回線提供状況を確認してみてください。

参考WiMAXの提供エリア

要注意:SPACE WiFiがオススメできない人|完全無制限ではありません

最後にもう一度、念の為お伝えしておきます。

WiMAXやソフトバンクwifi端末が送られているので、どのプロバイダでも月間無制限にインターネットを使うことはできません。

  • WiMAXであれば3日で10GB制限
  • ソフトバンク端末であれば1日3GB制限
は覚えておいてくださいね。
大抵の人は、上記の容量でもほとんど問題ないはずですが、もし月間100GB以上をどうしても利用したいなら、このまま以下に進んでみてください。

WiMAXとの料金比較表|3年間利用した時の料金を徹底比較

民泊wifiで最安値は「SPACE WiFi」ということでしたが、その他有名プロパイダのWiMAXとの料金比較をしてみます。

プロパイダの比較条件は以下です。

  • 最低契約期間の3年間利用してその後は解約したとする。
  • 事務手数料を含む36か月の利用料を36で割った金額を比較する。

丸裸にした比較表はこちらです!

料金比較表初期費用(送料含む)1ヶ月2ヶ月3ヶ月4〜12ヶ月13〜24ヶ月25〜36ヶ月合計合計÷36
SPACE Wi-Fi03,6803,6803,6803,6803,6803,680132,480¥3,680
GMOとくとくBB3,0002,1702,1703,4803,4803,4803,480125,660¥3,491
カシモWiMAX3,00001,3803,4803,4803,4804,079129,888¥3,608
Broad WiMAX30002,7262,7263,4113,4113,4114,011131,626¥3,656

見ていただくと、確かに最安値は「SPACE WiFi」ではありません。

最安値は「GMOとくとくBB」、2位は「カシモWiMAX」となっています。

肝心の「SPACE WiFi」は4位なのですが月額の差額料金は

  • 1位のとくとくBBとは189円の差
  • 2位のカシモWiMAXとは72円の差
  • 3位のBroad WiMAXとは24円の差

これなら、正直私は契約期間の縛りや違約金のかからない「SPACE WiFi」を選びます。

他のWiMAXは違約金が1万円以上かかることが多いので、たったこれだけの料金の差であれば「SPACE WiFi」が断然オススメです。

実際にSPACE WiFiを申し込んでみた口コミ

全てインターネット上で申し込むのですが、ものの5分くらいで完了します。
とても簡素化されたHPで、だれでも迷わず申し込みできると思います。

配達希望日も指定できるのですが、翌々日から可能みたいです。
実際に私はすぐに届きました。

開封してみると

スペースワイファイ本体

すでに電源を入れれば使える状態です。これなら機械に弱い人でも安心です。

実際に使ってみても、民泊レンタル用ではないWiMAXと変わらず、速度は基本的なPC作業には全く問題ありませんでした。

また電池の持ちも8時間近くは問題なく使用できました。

スマホ代も含めて、SPACE WiFiで家計を節約すると更にオススメ

ここまで見てきてSPACE WiFiがどれだけオススメできるかは分かっていただけたかと思います。

最後にもうひとつ、家計の節約方法です。

ドコモ、au、ソフトバンクユーザーの方は最後までお読みください。

格安SIMはLINEモバイルを使用する

せっかくモバイルwifiを契約するなら、スマホのデータ量を最小プランして節約しましょう。

そして更に通信費を安くしたい方は、スマホも格安SIMに乗り換えましょう。

格安SIMはLINEモバイル一択だと個人的には思っています。

というのもLINEモバイルにはコミュニケーションフリープランというものがあり

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

がギガ制限にかからず、使い放題になります。

つまりこの4種類のアプリを利用する分には毎月の利用データ量にカウントされないわけです。

このコミュニケーションフリープランの3GBが音声通話可能のSIMでなんと税込み1,825円。

SNS以外で3GBあれば、あとは「SPACE Wi-Fi」を利用すれば十分です。

LINEモバイル+SPACE WiFiがとにかく安い

コミュニケーションフリープランの3GBに「SPACE Wi‐Fi」の料金を足してみます。
は実際の我が家のケースです。

●夫(私)

LINEモバイル(1,690円) + SPACE WiFi(3,680円) = 5,370円

●妻

LINEモバイル(1,690円)

●夫 + 妻

5,370円 + 1,690円 = 7,060円

 

正直、一昔まえまではドコモに1人で毎月9000円ほど使っていました。

それがこんなに安くなって、しかもスマホだけでなくてPCでもインターネット使えるなんてとてもお得だと思います。

民泊wifiを賢く使うことで、劇的に家計を節約することができます。